武蔵野赤十字病院 > 外来のご案内 > センターの紹介

外来のご案内

脳卒中センター

診療科の紹介

脳卒中センターはSCU(ストローク・ケアー・ユニット)9床とC-3(クローバー3階)病棟の27床で、2007年4月16日からスタートしました。脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血などの脳卒中の患者さんを、時間のロス無く受け入れる態勢を目指しています。クリニック等の先生方からは「むさしの脳卒中ホットライン」の直通電話で脳神経外科あるいは神経内科の脳卒中担当医につなぐ仕組みがあります。また救急隊からは「SCUホットライン」と称し、病院の代表電話から直接脳卒中担当医につなぐ方式をとっています。いずれも、休日も24時間対応しています。また「救急搬送の依頼を断らないこと」をモットーに、SCUやC-3病棟に毎日空床を作る努力をしています。このため、毎朝スタッフが集まって短時間のミーティングをし、新患の紹介からその後の治療の状況が検討され、近隣の回復期リハビリテーション病床との連携を行っています。

SCUホットラインの対象となる最も多い疾患は脳梗塞です。脳梗塞の患者さんを、出来るだけ短時間で受け入れ、tPA治療や血管内手技による血栓回収治療を行っています。次に多い疾患は、脳出血やクモ膜下出血で、やはり発症から出来るだけ早期に受け入れることが必要です。突然の手足の麻痺、言語障害などの症状、あるいは突然の頭痛と嘔吐などの症状が見られたら、SCUホットライン。

C-3病棟には超急性期からのリハビリテーションが可能なように、広いリハビリテーションスペースを設け、病床専従のPTやOTのスタッフが患者さんの自立を促しています。

脳卒中センター1脳卒中センター2

 

スタッフ紹介

戸根 修

SCU責任医師

戸根 修(とね おさむ)

専門領域

  • クモ膜下出血
  • 血管内手術
  • 脳血流量
  • 脳血管攣縮

資格等

  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会指導医・専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 東京医科歯科大学医学部臨床教授
  • 日本脳神経外科学会代議員

脳神経外科は救命救急、脳卒中など救急疾患に対応する関係上、救命救急科・神経内科・リハビリテーション科・内科系各科・外科系各科と密接な関係を保ちながら活動しています。脳血管障害、特にクモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤は、2000年から血管内手術を第一選択とし良好な治療成績を収めています。脳腫瘍に対してはニューロ・ナビゲーションを使用した正確・安全な手術を目指しています。脳梗塞は神経内科の協力で脳卒中センターを運営し、tPA(血栓溶解剤)による治療が最短の時間で行えるように体制を整えています。忙しい毎日ですが、いつも万全の体調で臨めるように心がけています。


鎌田 智幸

C-3責任医師

鎌田 智幸(かまた ともゆき)

資格等

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会専門医
  • 日本神経学会指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本認知症学会専門医・指導医
  • 東京都身体障害者福祉法第15条指定医
  • 東京医科歯科大学医学部臨床教授

高齢化社会にともない増え続ける脳血管障害や認知症といった病気から、ギランバレー症候群や髄膜炎・脳炎といった急性の神経筋疾患、パーキンソン病やALSなどの神経難病の診療もおこなっております。神経筋疾患は症状、原因ともに非常に多岐にわたるため、お悩みの方はご相談ください。また、当科ではこの地域にお住まいのひとりでも多くの患者様に当科での診療をうけていただけるよう、病状の安定度や専門性の必要度に応じて、外来において地域の医院・クリニックとの病院・診療所間連携(病診連携)を、また入院においては病院・病院間連携(病病連携)を通じて地域の医療機関と連携を取りながら診療に当たっておりますので、御理解、御協力をお願い申し上げます。


高橋 紳一

リハビリテーション科部長

高橋 紳一(たかはし しんいち)

専門領域

  • 急性期リハビリテーション
  • 脊椎外科

資格等

  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 日本整形外科学会専門医
役職・氏名専門領域資格等
SCU・C-3師長
清水 美奈子
  
医療連携センター師長
斉藤 恭子
  

診療実績

  • 平成28年度の脳卒中治療実績:脳神経外科・神経内科の実績を参照
お問い合わせ
電話 0422-32-3111(代表)
休診日
土曜、日曜、祝祭日
5月1日(赤十字創立記念日)
12月29日〜1月3日