武蔵野赤十字病院 > 外来のご案内 > センターの紹介

外来のご案内

がんゲノム医療センター

がんゲノム医療センターのご案内

武蔵野赤十字病院は、2018年10月1日、厚生労働省よりがんゲノム医療連携病院の指定を受けました。【がんゲノム医療センター】を開設し、岡山大学病院と国立がん研究センター中央病院と連携してがんゲノム医療の提供を開始いたします。当センターには「がん遺伝カウンセリング外来」と「がんゲノム医療外来」の2部門を設置しています。
がん遺伝カウンセリング外来」は、予防医療として重要な役割を担っていますが、患者さんにとっては大きな決断が必要になります。正確な情報をわかりやすく説明し、より良い選択ができるように心理的・社会的なサポートもあわせて行います。遺伝カウンセリング外来の主な対象は、遺伝性のがん(家系にがんが多い、若くしてがんにかかるなどの家系の方)になります。
「がんゲノム医療外来」は、がんの個別化治療のための遺伝子診断を行い、治療方針決定の手助けをします。先ず主治医からの依頼を受け、検査内容について患者さんに十分な説明をします。その後、手術や検査の時に摘出したがん組織を使い、がん遺伝子パネル検査を行って関係する遺伝子変異を網羅的に調べます。遺伝子検査の結果については、多数の専門領域の医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師、遺伝カウンセラー、リサーチコーディネーター、その他のメディカルスタッフが一同に集合してエキスパートパネル会議で検討を行います。遺伝子解析結果の意義付けをし、遺伝情報に基づく治療法の提示や、個々の患者さんに適した医療の提案をします。がんゲノム医療は、治療に到達するまでの時間を最短化する必要があるため、多職種の良い連携が重要となります。 当外来は地域のがん治療を行う病院からの紹介も可能です。ご担当の先生方にも可能な限りエキスパートパネル会議に参加してご意見を頂き、実臨床的な解決を目指しています。
また、中核病院と連携しゲノム医療に携わる人材育成にも積極的に取り組み、ゲノム医療のさらなる推進に貢献していきます。
詳細は担当医師までお尋ねください。

スタッフ紹介
  •  小林 弥生子(こばやし やえこ)
     医師 [産婦人科部長]
  •  梅澤 聡(うめざわ さとし)
     医師 [産婦人科部長]
  •  塚本 可奈子(つかもと かなこ)
     医師 [産婦人科医師]
  •  中根 実(なかね みのる)
     医師 [腫瘍内科部長]
  •  山口 雄(やまぐち たけし)
     医師 [腫瘍内科医師]
  •  松田 実(まつだ みのる)
     医師 [乳腺科部長]
  •  嘉和知 靖之(かわち やすゆき)
     医師 [外科副院長]
  •  入江 工(いりえ たくみ)
     医師 [外科部長]
  •  高松 督(たかまつ すすむ)
     医師 [外科部長]
  •  加藤 俊介(かとう しゅんすけ)
     医師 [外科副部長]
  •  黒崎 雅之(くろさき まさゆき)
     医師 [消化器科部長]
  •  土谷 薫(つちや かおる)
     医師 [消化器科副部長]
  •  山崎 隆志(やまざき たかし)
     医師 [整形外科副院長]
  •  瀧 玲子(たき れいこ)
     医師 [呼吸器科部長]
  •  髙﨑 千尋(たかさき ちひろ)
     医師 [呼吸器外科部長]
  •  押川 学(おしかわ がく)
     医師 [血液内科部長]
  •  田中 良典(たなか よしのり)
     医師 [泌尿器科部長]
  •  櫻井 うらら(さくらい うらら)
     医師 [病理診断科部長]
  •  大柴 晃洋(おおしば あきひろ)
     医師 [小児科 兼 臨床検査部部長部長]
  •  長澤 正之(ながさわ まさゆき)
     医師 [小児科部長]
  •  清川 佑介(きよかわ ゆうすけ)
     医師 [耳鼻咽喉科部長]
  •  湊原 一哉(みなとはら かずや)
     医師 [皮膚科部長]
  •  星 章彦(ほし あきひこ)
     医師 [放射線科部長]
  •  道脇 幸博(みちわき ゆきひろ)
     医師 [歯科・口腔外科部長]
  •  平沢 晃(ひらさわ あきら)
     医師 [ディレクター非常勤医師]
  •  加藤 恵 (かとう めぐみ)
     看護師 [がん看護専門看護師看護師長]
  •  永村 陽一郎 (えいむら よういちろう)
     薬剤師 [がん薬物療法認定薬剤師係長]
お問い合わせ
電話 0422-32-3111(代表)
休診日
土曜、日曜、祝祭日
5月1日(赤十字創立記念日)
12月29日〜1月3日