武蔵野赤十字病院 > 外来のご案内 > 部・その他施設の紹介

外来のご案内

薬剤部

薬剤部の紹介

薬剤部は、調剤課・薬事管理課・病棟業務課から組織され、医薬品の調剤・製剤・無菌製剤調製(IVH・抗ガン剤)・外来化学療法・医薬品情報管理・薬剤管理指導・院内感染対策等、様々な業務を通して、院内で使用される医薬品の管理を行っています。
また、患者様に安全な医療を提供できるように、日々、薬剤師として資質の向上に努めています。現在、がん薬物療法認定薬剤師1名・外来がん治療認定薬剤師1名・感染制御認定薬剤師1名・抗菌化学療法認定薬剤師1名・NST専門療法士3名・糖尿病療養指導士3名・妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師1名・腎臓病薬物療法認定薬剤師1名が、認定を受けています。
また、薬学部学生実習の教育にも携わり、現在、認定実務実習指導薬剤師3名が、認定を受けています。

薬剤部 2薬剤部 3薬剤部 1
チーム医療への参画

医療スタッフの協同・連携によるチーム医療にも積極的に参加しています。

  • インフェクションコントロールチーム(ICT)
  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 緩和ケアチーム
  • 糖尿病療養支援チーム
  • 呼吸サポートチーム(RST)
災害救護活動

国内・海外で発生した自然災害や戦災時の災害救援・紛争犠牲者に対する国際救援や保健衛生向上のため医療要員を派遣し、国際貢献にも努めています。
(赤十字救急法救急員6名・日本DMAT隊員1名)

調剤課

調剤課は、調剤係・注射調剤係に分かれ、医薬品の調剤・製剤・混注業務を行っています。

調剤係

医師が発行した処方箋に基づいて、患者さんの病状に最も適した医薬品の調剤を行っています。調剤を行う前に、薬の量、使い方、飲み合わせなどの処方内容をチェックし、必要に応じて医師に問い合わせを行います。最近の調剤業務では、薬袋や薬の説明書の作成、薬の包装や包装紙への印刷など、数多くの業務がコンピュータ化されています。これらのシステムは薬剤師が管理し、出来上がった薬剤についても最終的には薬剤師が確認することにより、責任を持って安全な薬剤を提供出来るよう努めています。その他に、製薬会社で製造していない製剤の調製も行っています。また、お薬相談室を開設し、休日や夜間の時間帯を除いて、患者さんからのお薬に関する相談を承っています。特に妊婦や授乳婦の方々に安全なお薬の情報を提供したいと考えています。
当院では、手術で入院される患者さんのお薬の確認を、外来受診時に薬剤部で行い、事前に中止しておくべき薬の情報を提供しています。

注射調剤係

医師による処方に基づいて患者さん個人毎に注射薬の払い出しを行っています。薬剤師は注射箋の内容をチェックし、決められた疾患や症状に対して投与量、投与方法(適応症、用法・用量)が守られているか、2種類以上の注射剤を混ぜても問題ないか(配合変化)、他の薬剤と一緒に使用して問題ないか(相互作用)を確認しています。平成23年11月より注射薬自動払出装置(ピッキングマシン)を導入し、業務の効率化、安全性の向上などを図っています。オーダーリングシステムからのデータを使用するため、人為的なミスが最小限になっています。抗がん剤を使用する治療においては、その治療方法が標準的なのか、使用期間や休薬期間は間違いないか、投与量は間違いないかを過去の治療歴を含めて確認しています。外来と病棟で投与される抗がん剤注射薬は、すべて薬剤部のクリーンルームの中で薬剤師が無菌的に調製を行っています。

薬事管理課

薬事管理課は、医薬品情報係・薬事係・麻薬管理係に分かれ、病院全体の医薬品及び医薬品情報を管理しています。

医薬品情報係

「こちらDI室です。」DIとはDrug Informationの略で、医薬品の情報を集約する部署です。日々新しい治療法が確立される医療の中で、医薬品に関する副作用情報や新薬情報、添付文書改訂情報などを収集し、必要な情報を必要な部署に配信するのがDI室の仕事です。医薬品を正しく、効果的に、そしてより安全に使用するため、資料整理を行っています。また、各部署はもとより、患者さんからの、問い合わせについても、情報提供を行っております。(休日・夜間の時間帯を除く)

薬事係

病院で使用している約1500品目の医薬品の購入と品質管理、そして院内各部署への供給をしています。毒薬・劇薬・麻薬・向精神薬・治験薬・血漿分画製剤(血液を原料とする医薬品)などを法律に従い、適正かつ安全に使用されるよう管理しています。医療用医薬品の購入は、病院の各部門からの購入依頼を受けたものも含めて発注を行います。発注された医薬品は、各卸業者から納入されるため、その納品時には検収を行い、さらに購入医薬品の在庫管理を行います。

麻薬管理係

病院で使用する医療用麻薬の適正使用の推進と在庫管理を行っています。
医療用麻薬は内服・外用・注射剤があり、手術や検査時の痛み止め、またはがんなどの疾患の強い痛みや息苦しさ等の症状に対して使用される薬剤です。適切に使用することで、苦痛を緩和し、生活の質の維持や向上に役立てることがあります。患者さまごとに用量を調節し、薬剤の剤型を選ぶことができます。医療用麻薬は適切に使用すれば、中毒になることはありません。いのちが短くなることもありません。
患者さまやご家族の皆さまに安心して医療用麻薬をお使いいただけるように情報提供も行っています。

病棟業務課

各病棟に専任の病棟薬剤師を配置して、入院患者に対する薬物療法の実施による有効性・安全性の確認、患者のQOLの向上と副作用回避のための処方確認、専門性を活かしたチーム医療の推進を図っています。
入院患者さんの持参薬の確認を実施し、面談により得られた情報を医師等へ提供し処方設計の提案を行います。安全管理が重要な抗癌剤等は、レジメンチェックを行い副作用軽減のための対策等の説明を行います。また、抗生剤の適正使用を目的として薬物血中濃度の解析をし、その結果に基づき最適の薬物投与量・投与速度の設計を医師へ提案し、最適な薬物療法を提供できるよう処方支援を行っています。

服薬指導係

私たちは、入院患者さんを中心とした医療チームの一員として他の医療スタッフと連携し、より良い医療サービスを提供するための活動をしています。
入院時には、持参薬について、用法・用量・服薬状況・副作用・アレルギーの有無等確認し、服薬計画の提案を行っております。
入院中は、お薬の正しい服用方法・効果・副作用等を説明し、薬歴を確認し、注射薬や内服薬等の重複投与や相互作用のチェックを行います。また、医薬品情報室と連携して、医薬品安全性情報の把握及び周知、医師・看護師等からの相談にも対応しています。患者さんの薬の使用については、薬剤管理指導支援システムを用いて一括した薬歴管理を行います。

薬品管理係

入院患者さんの薬物治療記録という大切な個人情報を一括管理しています。
また、各病棟の特性に合わせた医薬品・危険薬を定数配置、全病棟統一の救急カートを整備、その安全管理・使用期限の確認等を行い、入院患者さんへの迅速・安全な医薬品の供給に寄与しています。

お問い合わせ
電話 0422-32-3111(代表)
休診日
土曜、日曜、祝祭日
5月1日(赤十字創立記念日)
12月29日〜1月3日