武蔵野赤十字病院 > 医療関係者の方

医療関係者の方

医療安全推進センター

患者の皆様へ

医療関係者の皆様へ

2012年4月より医療安全推進センターとして医療安全推進室と患者相談室が連携・協力しつつ、医療の質と安全性の向上を目指して取り組んでいます。

医療安全推進室

安全な医療を提供するために、システム化した医療安全管理体制を整備・構築しています。発生したインシデントの分析、検討から職員への情報提供や、再発防止活動の支援、および医療安全に関する職員の教育や啓発により、医療事故の未然防止を行っています。

患者相談室

医療安全推進室と連携・協力して事故の情報共有をしています。アクシデント発生時には、患者と医療従事者との対話を推進するための支援を行います。また、患者・家族のみなさんから療養・医療福祉等の質問や相談を受けています。

患者相談室へ

医療安全推進室の主な活動内容
(1)インシデント・アクシデント事例の収集、分析、情報管理

レポート提出の促進を図り、インシデント・アクシデント事例の集計および分析をしています。事例の統計解析および個別解析から、改善課題を抽出し、その結果をまとめ、院内に公表しています。職員が得た方がよいと判断した情報は、「安全ニュース」等を適宜発行し、重要な事例や安全対策を周知しています。

(2)他施設で発生した事故をもとにした当院での検証

当院においても、事故の危険性がある場合は、関係部門、GRM、患者安全管理委員会等と検討し、事故の防止に努めています。又、事故の状況に応じては、関係部署に情報を伝達し、注意を喚起しています。

(3)各部署の医療安全推進者の支援

各部署の医療安全推進者と連携して、部署間・職種間における問題を解決する活動や支援を行っています。

(4)講演会および研修会を企画・運営

全職員対象の医療安全講演会を年2回行っています。その他、多職種による医療安全に関する勉強会や
また、他部門と連携して職員の安全教育研修にも取り組んでいます。

医療安全講演会安全教育研修
(5)患者安全管理委員会の開催

週1回開催しており、委員はリスクマネジャーで構成されています。インシデントレポートの内容を適宜吟味し、必要に応じて院内に周知しています。また委員を薬剤、チューブ・医療機器、転倒・転落の3つのチームに分けて医療安全に取り組んでいます。委員会では患者相談室からの情報を共有しています。

(6)組織横断的な活動の支援

安全な業務手順を組織横断的に検討するためのワーキンググループを結成し、その活動を支援しています。

(7)安全管理に関する調査や研究に参加

医療安全文化の醸成に関する意識調査や医療安全に関する学会などに参加し、医療安全に関する最新の情報を得ています。同時に当院の医療安全活動に関する成果は、学会へ発表することで医療界の安全に貢献しています。

(8)院内各部署の安全性保持についての評価

週1回、医療安全推進センターとして患者相談室担当者と医療安全管理者が院内をラウンドし、患者対応相談と医療安全コンサルテーションを実施しています。また、インシデントなどの報告から確認のため各部門・部署へ医療安全多職種ラウンドを行っています。

医療安全のための標準化

緊急対応ハンドブック

院内で緊急時の遭遇したときの初動的な対応を速やかにできるために、「緊急対応ハンドブック」を作成し、全職員が携帯しています。

医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”

当院は、医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”に参加しています。
http://kyodokodo.jp/

武蔵野赤十字病院 医療安全管理指針(第3.3版)